綺麗にする気持ち

サロン

俯瞰でみること

うつ病やその予備軍として疾患を気にしている人は、トイレ掃除などをやってみることでメンタルが変わってくることができます。これは心療内科などに通っているが軽度の症状なことから、日常生活のうつ病を少しずつ治したい人はやってみることです。基本的に何がいいのかというと、トイレという場所は生活空間の中で汚物が流れるところであるために、一番汚い場所として認識されています。そういった場所を綺麗にすることは、他の部屋を掃除するよりも気持ちのいいものではありませんが、精神的な疾患を治すためのだと一番いい場所になります。トイレ掃除は生活空間で一番汚い場所を自分の手で綺麗にすることで、気分も清々しくなり心にゆとりを持つことができることでうつ病などにも有効です。メンタルヘルスとしてもうつ病などの症状がない人にも有効なことから、企業でも若手などの研修にトイレ掃除をさせることも多くあります。こういった心の状態というのは、いつの時代も嫌なことを率先してやっていくことで成果を上げることができます。

このトイレ掃除にうつ病などのメンタルヘルスの効果が出始めるには、どのくらいの期間が必要なのかというと、実はすぐにでも効果が期待できます。まずうつ病になりやすいケースでは、自分に自信が無い人が何かのキッカケによって発症してしまうこともありますし、我慢強い人でもなりやすいといわれています。この場合はトイレ掃除をするという行為自体が元々の発想にないので、自宅のトイレを常に綺麗にすることを心がけると、いつの間にかメンタルが強くなっています。自分が率先してやっているという自負ができることや、トイレという本来はネガティブイメージの場所をポジティブに変えることができるからです。そして自己決定で重要な精神的な部分でも俯瞰で自分をみることができると、汚いところを綺麗にする行為がどれだけ尊いことなのかがわかってきます。そうなってくると気がつけば毎日のルーティンになり、常に清潔なトイレにすることができるのでメンタルヘルスも向上して安心して社会生活を送ることができます。